病院モニター会議(第2回)を開催しました!

10月28日(月)、今年度第2回となる病院モニター会議を開催しました。
当事業は、病院事業や地域医療に関心を持つ方々からの意見や要望をお聴きし、利用者の立場に立った適切な医療を追求するとともに、サービスの向上や病院運営に反映させるために開催するものです。

患者サポート室の取り組みについて

当院看護師から患者サポート室の業務内容や取り組み等について説明し、その後患者サポート室とリハビリ室の見学をしていただきました。

P1050644P1050647

リハビリ室の役割や取り組みについて

リハビリ室見学の後、当院の理学療法士からリハビリに関する基本的な事項や取り組みについて説明を行いました。

P1050651

意見交換

病院長を座長に意見交換を行いました。先に説明のあった患者サポート室の「前方支援」や「後方支援」、さらに「相談業務」に係ること等について『患者家族の課題や背景も含めて相談・説明をしていただき感謝している』『できるだけ早い段階でケアマネージャーや地域包括支援センターが介入できると準備しやすい』などの意見をいただきました。

P1050653

食事(病院食)

今回も会議メニューの中に、病院食を実際に食べていただく時間を設けました。食事中は当院管理栄養士による献立の説明を行い、前回同様に病院食についての意見交換がなされました。

P1050658

当会議は年3回を予定しているため、次回は令和2年2月頃に開催し今年度の総括を行います。

いきいき♪こまちカフェ(第4回)開催!

第4回を迎えた今回の「明るく元気に!いきいき♪こまちカフェ」は、10月29日(火)にこれまで同様小児科待合前で開催しました。今回も健康体操・ミニミニ健康講座・オレンジカフェ(認知症カフェ)の3本立てです☆

1.みんなで楽しく健康体操

当院の理学療法士がレッスンしましたが、4回目となる今回は下半身(主に足)を中心に体操を行いました。

《まずは太ももをさすって、たたいて筋肉をほぐしましょう!》
011029_taisou5

《右手と左足つま先、左手と右足つま先を同時にあげて…》
011029_taisou2

《ゆ~っくり足を上げて10秒キープ!》
011029_taisou3

《太ももを上げてひじにつける運動…》
011029_taisou4

《両手を両ひざで内側に挟みましょう…》
011029_taisou5

ミニミニ健康講座

今回のテーマは「インフルエンザ」です。これから流行期を迎えるインフルエンザの仕組みや予防、対策等について、当院看護師が講話を行いました。

011029_inful1011029_inful2
毎年変わらず流行するインフルエンザ。飛沫感染(せきやくしゃみなど)や接触感染(ドアノブやスイッチ)といった感染経路を断つことが大切です。また予防接種も効果的で、発症の可能性を減らし、もし発症しても重症化を防ぎます。
もしインフルエンザにかかったときは「他の人にうつさない」ことが大事です。部屋の換気や正しいマスクの着用、うがいや手洗いなど、できることから取り組みましょう。

オレンジカフェ

今回も共催である小野町地域包括支援センター職員の方に協力いただき、認知症やその他のお悩み等について、参加された方々とお話をしました。

011029_cafe

来月も最終火曜日(11月26日)の開催を予定しています。もちろん参加は無料ですので、お気軽にご参加ください♪

 

 

ちいさな探検隊が来院しました♪

10月17日(木)、小野町内の小学生5名が当院を訪れました。
これは小学校の生活科授業で行われている「まちたんけん」の一つで、小野町内の公共施設などを数班に分かれて訪問し、病院について用意してきた質問や普段疑問に思っていることを担当者に聞きながら熱心にメモを取っていました。

小児科が休診ということもあり、小児科内の診療室や処置室を見学しました。

中には「将来はお医者さんになりたい!」「看護師さんになりたい!」と話す児童もいて、将来当院で働いていただける方がこの中から出てきてくれることを期待しています♪

P1050611P1050615P1050617P1050621P1050626P1050627P1050631P1050637

 

 

 

 

院内ギャラリー第5弾!!

今回は「油絵」を展示いただきました!

当院では患者さんや来院される方へ心の癒しを提供するため、施設内に展示スペースを設け、作品を展示いただいております。
これまで「パステル」「押し花」「和紙」「布」と個性あふれる展示が続きましたが、今回は、出展団体「游美会(ゆうびかい)」さんによります『油絵』です。
絵画の王道「油絵」ということで、大小さまざまな力作が展示されており、来院された方が足を止めて観覧する姿も見られました。

abura1abura2abura3-1abura4abura5abura6abura7abura8

 

当院正面入り口から進んで売店を右折した、透視室前の通路壁面に並んでおりますので、来院の際はぜひご覧ください。

なお、こちらの作品は10月25日(金)まで展示しております。

展示を希望される方は下記のチラシをご覧いただくか、当院総務課までお問い合わせください。

ギャラリー募集チラシ

ギャラリー利用申請書(第1号様式)

10月のこまちカフェ案内♪

7月から開催しております『いきいき♪こまちカフェ』を、今月も開催します!
一般の方どなたでも参加いただけるうえ、参加料はかかりません。

第4回となる今回は10月29日(火)午後1時より下記のスケジュールで開催します!
健康に関すること、認知症に関することなどに興味のある方は、お気軽にご参加ください。

1.みんなで楽しく健康体操(13:00~13:10)

今回も理学療法士が簡単で楽しくできる健康体操をレッスンします!
皆さん一緒に体を動かしましょう♪

2.ミニミニ健康講座(13:10~13:30)

今回のテーマは「予防しよう!インフルエンザ」です。
秋が深まるこれからの季節はインフルエンザが流行します。インフルエンザの正しい理解と予防について、当院の看護師がわかりやすく解説します♪

3.オレンジカフェ(13:30~14:30)

小野町地域包括支援センターと当院が共催で行うオレンジカフェ(認知症カフェ)です。
認知症の高齢者やご家族だけではなく、悩みを相談したい方、おしゃべりを楽しみたい方など、どなたでも大歓迎♪
相談には社会福祉士や看護師、保健師など専門職が対応します。お一人でも大丈夫です。
お気軽にご参加ください。

いきいき♪こまちカフェに係るチラシはこちら

《お問い合わせ先》
患者サポート室(佐藤)   ℡0247-72-3181
小野町地域包括支援センター ℡0247-72-2128

 

 

 

病院だより「和~なごみ~」第2号発行!

前号から新たに「和~なごみ~」にタイトルを変えリニューアル発刊した病院だよりの第2号を作成しました。
第1号の発刊から約3カ月の間に、福島県立医科大学医学部生の地域医療体験研修をはじめ、各種団体からの研修を受け入れたほか、多職種ミーティングやこまちカフェの開催など、充実した内容になっております!

紙ベースでは当院内薬局前や3・4階病棟に配置しておりますので、是非お手に取ってご覧ください。

和HP用

※画像をクリックしてご覧ください(PDFファイルが開きます)。

地域包括ケア多職種ミーティングを開催します!

当院は、日ごろ地域包括ケアに係わる皆様が「顔と顔の見える」関係を築くための”場”として「地域包括ケア多職種ミーティング」を定期開催しております。
下記日程により開催しますので、堅苦しい雰囲気ではなく、楽しく和気あいあいとした感じの”語らいの場”にしたいと考えておりますので、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

《 日 時 》 令和元年11月12日(火)18:00~19:30
《 場 所 》 公立小野町地方綜合病院 2階 講義室
《 テーマ 》
(1)事例発表 「当院における在宅支援の取り組みについて」
(2)グループワーク「在宅支援に関する事例検討」
《 参加費 》 無料
《 申込み 》 申込用紙に必要事項を記入しFAXにてお申込みください(10/31まで)。
※会場の都合上、お申し込み多数の場合は参加人数を制限する場合があります。
《 お問合せ先 》公立小野町地方綜合病院 患者サポート室(担当:佐藤)

チラシと申込用紙(裏面)はこちら⇒こまちMT案内2019.11

前回の内容は当ホームページ内のお知らせ一覧から確認いただけます。

いきいき♪こまちカフェ(第3回)開催!

毎月最終火曜日に開催している「明るく元気に!いきいき♪こまちカフェ」も、今回で第3回を迎えました☆
9月24日(火)に開催した今回は、おなじみの健康体操に続いて、ミニミニ健康講座では「口腔ケア」をテーマにお話をしました。

1.みんなで楽しく健康体操

若干の顔なじみ感を覚えながら、今回も当院の理学療法士がレッスンしました。
前回又は前々回にも来院していた患者さんもいて、一部「復習」の形で楽しく体操を行いました。

P1050556

《いつもの手指の運動からスタート!》

P1050559

《脇を伸ばしましょう!腰に負荷がかからないように必ず手を当てて…》

P1050569

《座ったままでできる股関節の運動。交互に足を開きましょう!》

P1050571

《最後は両手で同じように「こ・ま・ち・カ・フェ」を大きく書きましょう!》

ミニミニ健康講座

今回は「口腔ケア」がテーマです。当院の看護師が『お口から始まる健康管理!』と題して講話を行い、歯の天敵である歯周病についての正しい理解と予防について学びました。
また咀嚼(そしゃく。噛むこと)や嚥下(えんげ。飲み込むこと)機能の低下による「低栄養状態」は、身体のエネルギーを奪います。よく噛むことは、脳を刺激(脳血流量が増加)し認知症を防ぐ効果があるといわれていますので、よく噛んで食べ、丁寧な歯磨きに心がけ、お口の清潔を保ちましょう!

 

P1050576

P1050581

オレンジカフェ

社会福祉士や看護師などが認知症やその他の悩み等について、参加された方からお話を伺うオレンジカフェ。今回は共催の小野町地域包括支援センターが新たに「のぼり」を作成してお迎えしました!

P1050585

P1050587

前回よりも参加者が増え、職員もやりがいが出てきました!

来月も最終火曜日に開催を予定しています。参加は無料ですので、来院の際(わざわざお越しいただいてもかまいません!)は、お気軽にご参加ください☆

9月のこまちカフェ案内♪

7月から開催しております『いきいき♪こまちカフェ』を、今月も開催します!
一般の方どなたでも参加いただけるうえ、参加料はかかりません。

第3回となる今回は9月24日(火)午後1時より下記のスケジュールで開催します!
健康に関すること、認知症に関することなどに興味のある方は、お気軽にご参加ください。

1.みんなで楽しく健康体操(13:00~13:10)

今回も理学療法士が簡単で楽しくできる健康体操をレッスンします!
皆さん一緒に体を動かしましょう♪

2.ミニミニ健康講座(13:10~13:30)

今回のテーマは「お口から始まる健康管理!」です。
健康維持にとても大切な口腔ケアについて、当院の看護師がわかりやすく解説します♪

3.オレンジカフェ(13:30~15:00)

小野町地域包括支援センターと当院が共催で行うオレンジカフェ(認知症カフェ)です。
認知症の高齢者やご家族だけではなく、悩みを相談したい方、おしゃべりを楽しみたい方など、どなたでも大歓迎♪
相談には社会福祉士や看護師、保健師など専門職が対応します。お一人でも大丈夫です。
お気軽にご参加ください。

いきいき♪こまちカフェに係るチラシはこちら

《お問い合わせ先》
患者サポート室(佐藤)   ℡0247-72-3181
小野町地域包括支援センター ℡0247-72-2128

 

 

 

いきいき♪こまちカフェ(第2回)開催!

毎月末に定期開催している「明るく元気に!いきいき♪こまちカフェ」。今月は、8月27日に開催しました☆
第2回となる今回は、健康体操の後のミニミニ健康講座に「食事」に係る題材を用意しました。

1.みんなで楽しく健康体操

今回も当院の理学療法士がレッスンし、以下の動きを参加者で楽しく実践しました。

P1050171
《まずは手指の運動から…》

P1050172
《座ったまま膝の上で手のひらを表、裏…》

P1050176
《アルファベットの”Z”の形で手をたたく(反対方向の”Z”も)》

P1050178
《ゆ~っくり足をあげる運動》

ミニミニ健康講座

今回の講座は「食」がテーマ。当院の管理栄養士が『認知症予防のための食事の工夫』と題して、講話を行いました。認知症予防の基本は「バランスの良い食事」。塩分・コレステロールの取りすぎに注意し、青魚や抗酸化作用のある食品を積極的に摂り、よく噛んで食べることが大事です。

P1050180

P1050183

オレンジカフェ

小野町地域包括支援センターと当院が共催で、社会福祉士や看護師などが認知症やその他の悩み等について、参加された方からお話を伺います。今回は次回以降に向けたアンケートにご協力いただきました♪

P1050188

今後も「いきいき♪こまちカフェ」は毎月末開催予定です。
参加は無料ですので、お気軽にご参加ください☆

 

院内ギャラリー第4弾!!

「布絵」を展示いただきました☆

当院では患者さんや来院される方へ心の癒しを提供するため、施設内に展示スペースを設け、作品を展示いただいております。
初回の「パステルアート」に始まり、「押し花アート」「和紙ちぎり絵」と続きまして4回目となります今回は、出展団体「木綿遊(ゆうゆう)」さんによります『布絵』です。
代表の赤松香月様より解説もお預かりしましたので、以下に掲載します。
【「布絵」とは、木綿の布、又はキュプラなど、裏地を使って布の絵柄を細かく刻むなどして創作する、立体感あふれる絵のことです。祖母から母へと大切に受け継がれ、色あせた古布や新しい布の絵柄を「絵の具」として、試行錯誤しながら油絵のような作品に生まれ変わること、ひとしお、ご覧頂いた方の心に少しでも感動が伝わって頂けたなら益々の励みになります。】

nuno1 nuno2 nuno3 nuno4 nuno5 nuno6 nuno7

最後の1枚は、立体感をお伝えいたしたく、違った角度から撮影してみましたが、いかがでしょうか。
正面から離れて見ると油絵のように光沢を放ち、近づいてじっくり見ると、重ね合わせた布の一つひとつが立体感を際立たせ、二重の魅力がある作品となっております。ぜひ間近でご覧ください。

 

当院正面入り口から進んで売店を右折した、透視室前の通路壁面に並んでおりますので、来院の際はぜひご覧ください。

なお、こちらの作品は9月19日(木)まで展示しております。

展示を希望される方は下記のチラシをご覧いただくか、当院総務課までお問い合わせください。

ギャラリー募集チラシ

ギャラリー利用申請書(第1号様式)

地域包括ケア多職種ミーティングを開催しました!

当院は、日ごろ地域包括ケアに係わる方々が「顔と顔の見える」関係を築くための”場”として『地域包括ケア多職種ミーティング』を定期開催しております。
今年度第3回目の今回は、講演とグループワークの2本立てで開催しました。

講演「郡山市における在宅医療支援の取り組み」~最後はやっぱり家がいいかなぃ委員会~

(公財)星総合病院法人在宅事業部長兼ほし横塚クリニック内科医長 星吾朗先生から、郡山市における在宅医療の現状と課題、また充実に向けた取り組み、特に多職種連携のチームによる取り組みについて講演をいただきました。
エネルギッシュでとても前向きに在宅医療に取り組む星先生のお話に、会場の皆さんは興味深く聞き入っていました。

P1050106

グループワーク「地域における在宅支援の在り方」

院外から52名の多職種の方に加え、当院より18名が参加し9グループに分けてグループワークを行いました。
各グループでは「地域における在宅支援の在り方」をテーマに、現状の課題や実際に困っていること、また必要な支援や連携などについて、それぞれの職種の視点から意見交換を行いました。立場の違いはあれ、一人でも多くの高齢者が在宅で安心して生活するためには何が必要かを真剣に話し合いました。
多職種MT①(HP用) 多職種MT②(HP用)

ミーティング後のアンケートで、講演については「在宅の今後の課題や現状を知れて良かった」「今後の在宅医療の方向性について考える良いきっかけになる」など、在宅医療を見つめ直すような回答のほか、「個性的な外見に似合わず、意欲にあふれたお話が良かった」「先生からパワーをもらいました!」などの星先生の意欲的な取り組みに感心を寄せる回答がありました。

またグループワークについては「多職種の様々な考えを持ちながら連携して関わっていることがわかった」「現場の方の意見を聞いて、在宅支援のイメージをつかむことができた」などの回答がありました。

次回以降のテーマについては「在宅看取りの成功事例・事例検討」や「訪問薬剤師の役割、重要性」「在宅療養における栄養指導について」などを希望する意見も寄せられました。

次回は本年11月の開催を予定しています。

いきいき♪こまちカフェ開催!

テーマは『まなぶ!語らう!つながる!』

7月30日(火)、「明るく元気に!いきいき♪こまちカフェ」を開催しました!
第1回の今回は健康体操や健康講座の後に、小野町地域包括支援センター・公立小野町地方綜合病院共催の「オレンジカフェ」が開催されました。

1.みんなで楽しく健康体操

当院の理学療法士が、簡単で楽しくできる健康体操をレッスンし、手指の運動に始まり、以下の写真の動きを参加者全員で行いました。

taisou1《上半身を使った運動》

taisou2《座ったままでもできる足腰の運動》

taisou3《ゆ~っくり立つ・座る運動》

taisou4《「こまちカフェ」を大きく左右の手で書く運動》

ミニミニ健康講座

運動の後は「よくわかる熱中症予防!」をテーマに健康講座が行われ、当院の看護師が分かりやすく説明を行いました。途中にクイズ形式のやりとりもあり、参加された方々は熱心に耳を傾けました。

kouza1 kouza2

オレンジカフェ

小野町地域包括支援センターと当院が共催で行い、社会福祉士や看護師などが認知症やその他の悩み等について参加された方からお話を伺いました。

orange1
なお、この「いきいき♪こまちカフェ」は毎月の月末に開催する予定です。
参加は無料ですので、次回以降もお気軽にご参加ください☆

 

病院だよりをリニューアルしました!

公立小野町地方綜合病院だよりが、これまでご愛読いただいておりました「長生橋」から「和~なごみ~」とタイトルを変え、リニューアル発刊となりました!
編集後記にも記載しましたが、「患者さん・地域の皆さん・職員みんなが仲良く『和』をもって」ということで新しいタイトルに決定しました。
今後3カ月に1回程度のペースで発刊していく予定です。

1

※画像をクリックしてご覧ください(PDFファイルが開きます)。

患者満足度アンケートを実施しました。

令和元年6月18日から同24日までの土日を除く5日間、当院において会計もしくは処方待ちの患者さんに対して「患者満足度アンケート」を実施しました。
アンケートの集計結果は以下のとおりです。

患者満足度アンケート集計結果

いただきました回答及びご意見につきましては、今後の病院運営に生かしていきます。
ご回答いただきました皆様、ご協力ありがとうございました。

職員研修会について

当院職員向けの研修会を7月16日(火)から18日(木)までの3日間実施しました。

初日は渡辺直彦病院長を講師に、「医療におけるプロフェッショナリズム」をテーマに講話が行われました。
1.絶えず向上しようとする心
2.思いやりと優しさの心
3.献身の心
4.正義・清廉の心
以上4つの心構え・価値観をもって医療にあたること、経験~省察~学び~試行~経験~・・・という経験学習理論のサイクルで実力がアップしていくことなど、医療職の基本的な心構えについて学びました。

010718kensyu1

2日目は院内職員を講師に、「苦情対応の手順について」、「セカンドオピニオン」、「患者サポート室の役割」、「個人情報保護対応について」をテーマに、それぞれ研修を実施しました。

最終日は小野町地域包括支援センター 先崎惠子さんを講師に、認知症サポーター養成講座~認知症になっても安心できる小野町へ~をテーマに講義をいただきました。

010718kensyu2

講義では、冒頭に認知症の正しい知識と理解について講話いただき、その後認知症の方への接し方として、
1.言葉を発しないで誕生月順に並ぶことで、言葉以外のコミュニケーションの方法を学ぶ

010718kensyu3

2.「ほめられる」ことを理解し、今後の接し方を学ぶ

010718kensyu5 010718kensyu6

など、実演を交えながら研修を進めていただきました。

その後「認知症サポーター」として、自分の家族が認知症になった場合や、認知症の方への地域のあり方などについて職員で話し合い、偏見を持たずに優しく見守り、声をかけることや認知症の方に対応できるインフラの整備が必要、などの意見が出されました。

010718kensyu7

 

 

 

地域公開講座開講!

心不全を予防し快適で安心な暮らしを!

7月13日(土)、小野町勤労青少年ホーム小ホールにおいて、地域公開講座を開催しました。
『心不全を予防し快適で安心な暮らしを~心不全を正しく理解し、予防による安心した生活を送ろう~』をメインテーマに、渡辺直彦病院長から「心不全を正しく理解しましょう!」と題して講話が行われました。

kouza1.1kouza2.2

病院長による講話に続いて、李民純(り みんすん)星総合病院 慢性心不全看護認定看護師から「心不全を予防し快適な暮らしを!」と題して講話が行われました。

ri-teacher

当日は約90名が集まり、それぞれの講話に熱心に耳を傾けていました。
また、当院看護師や社会福祉士による「いきいき健康相談コーナー」も併設し、こちらも好評をいただきました。

soudan

 

明るく元気に!いきいき♪こまちカフェ開催!

公立小野町地方綜合病院では、一般の方を対象に「いきいき♪こまちカフェ」を開催します!
今月より毎月開催予定で、参加は無料です。

第1回は7月30日(火)午後1時より下記のスケジュールで開催します!
健康に関すること、認知症に関することなどに興味のある方は、お気軽にご参加ください。

1.みんなで楽しく健康体操(13:00~13:10)

理学療法士が簡単で楽しくできる健康体操をレッスン!
皆さん一緒に体を動かしましょう♪

2.ミニミニ健康講座(13:10~13:30)

今回のテーマは「よくわかる熱中症予防!」です。
熱中症の予防について、当院の看護師がわかりやすく解説します♪

3.オレンジカフェ(13:30~15:00)

小野町地域包括支援センターと当院が共催で行うオレンジカフェ(認知症カフェ)です。
認知症の高齢者やご家族だけではなく、悩みを相談したい方、おしゃべりを楽しみたい方など、どなたでも大歓迎♪
相談には社会福祉士や看護師、保健師など専門職が対応します。お一人でも大丈夫です。
お気軽にご参加ください。

いきいき♪こまちカフェに係るチラシはこちら

《お問い合わせ先》
患者サポート室(佐藤)   ℡0247-72-3181
小野町地域包括支援センター ℡0247-72-2128

 

 

 

院内ギャラリー第三弾!

「和紙ちぎり絵」を展示いただきました!

当院では患者さんや来院される方へ心の癒しを提供するため、施設内に展示スペースを設け、5月9日(金)より作品を展示いただいております。

パステルアート、押し花アートに続く第三回目となります今回の展示内容は、「しゅんこう和紙ちぎり絵サークル小野」さんによります『和紙ちぎり絵』です。代表の方のごあいさつにもありますが、剥いだ和紙を貼り合わせていくことで表現される水彩画のような画風が特徴のこの作品は、「ちぎる」ことによって生じる毛羽(けば)の一つ一つが、筆では出せない繊細な表現となり、加えて「貼り合わせる」ことで立体感がプラスされ、見る者を魅了するハイレベルな展示内容となっております。

photo2photo3-1photo4-1photo5-1photo1

当院正面入り口から進んで売店を右折した、透視室前の通路壁面に並んでおりますので、来院の際は是非ご覧ください。

なお、こちらの作品は8月19日(月)まで展示しております。

展示を希望される方は下記のチラシをご覧いただくか、当院総務課までお問い合わせください。

ギャラリー募集チラシ

ギャラリー利用申請書(第1号様式)

 

 

 

病院モニター会議を開催しました!

 病院事業や地域医療に関心を持つ方々からの意見や要望をお聴きし、利用者の立場に立った適切な医療を追求するとともに、サービスの向上や病院運営に反映させるため、6月24日(月)に第1回となる病院モニター会議を開催しました。

委嘱状の交付

会議冒頭、構成市町村から推薦を受けたモニター7名の方々に、秋山時夫企業長から委嘱状が交付されました。

1_isyoku

 

病院概要説明~意見交換

渡辺直彦病院長から病院概要説明の後、病院長を座長に意見交換が行われました。モニターの方々から救急、地域包括ケア、病院ボランティア、診療科に関すること等、様々な意見が出されました。

2_gaiyou 3_ikenkoukan

 

病院見学

意見交換の後、療養病棟(4階)から施設見学を行い、総務課長や病棟の看護師長が案内・説明を行いました。

4_shityou

 

食事(病院食)

会議メニューには病院食を実際に食べていただく時間を設けました。食事を進めながら、当院管理栄養士による食事面での取り組み等の説明を聞いていただき、給食に関する意見交換もなされました。

5_kyusyoku

最後に透析室(2階)・外来・病院ギャラリー・待合ロビー等(1階)を見学し、解散となりました。病院モニター会議は初めての試みでしたが、モニターの方々から貴重なご意見をいただき、大変有意義な会議となりました。

6_touseki8_gairai7_garally9_matiai

当会議は今回を含め年3回(次回は10月頃)の開催を予定しています。

 

 

地域公開講座の開催について

心不全を予防し快適で安心な暮らしを!

~心不全を正しく理解し、予防による安心した生活を送ろう~

公立小野町地方綜合病院では、心臓病で死亡する際の最も多い原因である心不全について、正しい理解と予防による安心した生活を送っていただくため、次のとおり地域住民向けの公開講座を開催します。

この機会に心不全について学習し、健康で快適な毎日を送りましょう!

日 時:令和元年7月13日(土)14:00~15:30(13:00開場)

場 所:小野町勤労青少年ホーム 小ホール

内 容

1.「心不全を正しく理解しましょう!」

公立小野町地方綜合病院 院長 渡辺 直彦

2.「心不全を予防し快適な暮らしを!」

星総合病院 慢性心不全看護認定看護師 李 民純

※当日は13:00から14:00まで、看護師や社会福祉士による「いきいき健康相談コーナー」も開催します。お気軽にお立ち寄りください♪

詳しい内容は、こちらのチラシをご覧ください。⇒地域公開講座チラシ

院内ボランティア募集について

院内ボランティア募集

当院では、院内でボランティアをしていただける方を募集しています。
ボランティア経験がない方でも大歓迎です。
患者さんのために活動してみませんか?

院内ボランティアとは

病院職員と協力し、患者さんが安心して治療を受けられるよう自発的にサービスを提供することです。
特別な資格や経験がなくても大丈夫です。

活動内容

1.受付のお手伝い
2.患者さんの介助
3.外来・検査検査などの案内誘導
4.車いすの準備・片付け
5.患者さんのお話し相手    など

活動時間

月曜日から金曜日(祝日は除く)
午前8時から午後3時(時間内であれば短時間でも結構です。)

対象となる方

1.原則18歳以上(18歳未満の方は保護者の同意が必要です。)で心身ともに健康な方

応募方法及び問い合わせ先

ボランティア募集チラシ(429KB)
問い合わせ先
公立小野町地方綜合病院 看護部長 電話 0247-72-3181